質がいい睡眠は美容効果が高いです

美容効果を高めるためには、質がいい睡眠が必要です。

アラプラススポーツ ハイパフォーマンスの最新情報を見つけよう。

人は睡眠中に、肌のターンオーバーが促進されて古い角質が落ちて新しい細胞に生まれかわります。
寝ている間には、成長ホルモンが分泌されて、紫外線やエアコンによって乾燥した肌を修復してくれます。
成長ホルモンの分泌が一番活発な時間が、夜の10時から2時までの間でこの時間はできるだけ寝ていたほうが質のいい睡眠になります。

寝る時間が不規則になると体内時計が乱れて、成長ホルモンの分泌が十分でないので注意しましょう。


質がいい眠りのために、睡眠前に体をあたためることは副交感神経の切り替えがスムーズに行われるので大切です。2時間前には、お風呂にゆっくりとつかって寝具や部屋の温度にも気を配りましょう。


部屋が寒すぎても暑すぎても、質がいい眠りができなくなります。



寝る前に、パソコンやスマホを楽しんでいる方は多いですが、液晶画面を見ることでメラトニンというホルモンが少なくなり、寝つきが悪くなることもあります。



寝る前は、静かな音楽を聴いたり読書をしたりして過ごすほうが、美容のためには賢いです。寝る時間にメラトニンが足りないと、次の朝すっきり起きれなくなるというダメージもあります。

睡眠不足になると、自律神経が乱れて血流が悪くなります。血流が悪いと、酸素や栄養分が十分体にいきわたらないので体がだるくなったり疲れやすくなります。

そして、顔色が悪くなるとメイクもきれいに仕上げができなくなり美容にもマイナスになります。

眠りは美容にとって、とても大事です。