睡眠が美容に与える影響

不規則な生活を送っていて睡眠時間が足りないという人は、肌が荒れたりニキビや吹き出物ができてしまうなど肌トラブルが起きやすくなっています。
これは寝ている間に、肌のターンオーバー(新陳代謝)を促す成長ホルモンが分泌されているからです。

睡眠時間が足りないと十分な量の成長ホルモンが分泌されずに、に肌のターンオーバーが乱れやすくなってしまいます。

すると、新しい肌が再生されずに、本来であれば剥がれ落ちるはずの古い角質層が肌に残ってしまいます。

それによって肌トラブルが引き起こされてしまうので、十分な睡眠をとることが美容にはとても大切です。

美容のために肌のターンオーバー(新陳代謝)を活性化させるには、睡眠時間だけではなく質を上げることも必要になってきます。
睡眠には、メラトニンと呼ばれるホルモンが大きく関わっています。夜になると眠気がおきるのは、このメラトニンが放出されるためです。

メラトニンには眠気を誘う働きがあり、朝になって光を浴びると放出されなくなります。

メラトニンが放出されていないと、はっきりと目が覚めている状態になるので活動的に行動することができます。

アラプラスのスポーツ ハイパフォーマンスが気になる方はこちらへご来訪下さい。

そして、朝起きてから14時間後くらいから、メラトニンは再び放出を開始します。
そして、だんだん眠くなっていくのです。


メラトニンは光を浴びると、放出されなくなってしまいます。



ですから、夜に強い光を浴びると、眠気が飛んでしまうことがあります。

美容のためにも、夜の灯りは暗めにして寝る前の時間をリラックスして過ごすことが重要です。



また、寝る時間と起きる時間を毎日一定にするのも効果的です。