睡眠による肌の美容効果について

睡眠は美容に欠かすことの出来ない項目の一つです。


睡眠が足りていないときは、心身両面にわたって疲れやすさが伴いますが、同時にお肌の質や色合いなどにも疲れを作っていることになります。


しっかりと眠れたときには、化粧のノリが良く、肌の色も明るくなります。

それに対して睡眠不足の状態は、肌の潤いを維持しづらくなり、乾燥などの肌荒れをおこしやすくなります。
皮膚は、就寝中に再生が盛んになります。
皮膚を形成するためのホルモンの分泌も、時間帯によって盛んになるときがあります。

アラプラススポーツに対して関心度が高まっています。

主には、午前零時前後に成長ホルモンが分泌されますので、体全体の立て直しがおこなわれ、おのずと皮膚も生まれ変わろうとします。


ただ、この成長ホルモンが分泌される時間帯さえ寝ていれば、美容効果が得られるという訳でなく、分泌後にもしっかりと体を休めて、ホルモンが体全体に行き渡るまでしっかりと睡眠を確保しておくことが大切になります。
もちろん、体をしっかりと休めてホルモンの分泌を促進しやすくするためには、午前零時前には床に就く必要があります。



このようにとらえますと、トータルの睡眠時間数としては、8時間前後が理想とされます。



生活リズムや様々な事情によって、なかなか時間数や時間帯の確保が難しい場合であっても、眠ることによる肌休めは必ずおこなわれています。


眠らなくても大丈夫だといった考え方をなくすことが、美容の基本となっていることを忘れてはなりません。