スポーツ選手がスポーツサポーターを使用する必要性

  • スポーツサポーターを選ぶ時や使う時のポイント

    • スポーツサポーターは、スポーツをやっていて軽い故障を抱えてしまった時に痛みを緩和したりけがの予防目的で付けることが多いです。

      スポーツサポーターに関するサポートサイトはここです。

      よく膝に付けるタイプのものが販売されています。


      膝用のスポーツサポーターには主に膝に巻く種類のものと膝に履く種類のものがあり、膝に巻くものはサポートする力が高いので、人気です。


      また、巻くタイプのサポーターは自由に圧迫感を調整できます。
      膝に履いて使用するものは、靴下と同じような感覚で履いて使用します。
      サイズが合っているのであれば、フィットしやすいのがメリットです。
      ただし巻くタイプと比較するとこちらは締め付けの調整ができませんので、やや不便に感じる人もいます。
      そのほか、巻いて履くタイプの商品もあります。

      こちらは、支柱などが付いていてけがをした部分を固定するタイプのものが多いです。

      膝を故障してしまった時の緩和目的で使用されることがありますが、サポーターをしていることがばれてしまいやすいデメリットがあり、あくまでも一時しのぎにすぎないことを留意します。

      けがを悪化させてしまうリスクを考えると、あまり長期間利用するのは適していません。できれば、あまり使用せずに治したほうが良いでしょう。

      スポーツサポーターの適切な使い方は、サポーターを付ける前に装着する部分に汗があったら拭くことが求められます。

      これは、サポーターがずれてしまうのを防いだりかぶれを防止するために行います。



      サポーターを装着する際には、サポーターを付ける方向をチェックしたうえで適度に圧迫するように調整します。
      運動が終わったら、きちんと外して保管しておきましょう。



top