湿式スクラバーの用途と仕組みとは

工場などで発生する排気ガスの中には、酸性やアルカリ性の有害なガスを含んでいる場合が少なくありません。このような排気ガスを大気に放出する場合は、有害物質を除去しなければなりません。酸性またはアルカリ性のガスは水に溶けやすいという性質があることから、湿式スクラバー(洗浄装置)を利用して有害物質を水に溶かすことで取り除く方法があります。湿式スクラバーで除去するのは酸性またはアルカリ性の有害ガスが多いですが、親水性の有機物質を取り除く際にも使用されることがあります。

場合によっては、水に有害物質と反応するような薬液を加えることで排気ガスを無害化させることも可能です。湿式スクラバーは有害なガス(気体)を浄化する目的で使用されるものですが、充填式と無充填式の2種類があります。充填式とは、洗浄塔に特殊濾材を充填して上からシャワーで水を吹きかけるというものです。水を吹きかけた充填材をしたから上に排気ガスが通過する間に、有害物質が水に溶けて除去されます。

常に上方から充填材に水を散布する必要があるので、ポンプを使用して下から水を汲みあげる装置が必要になります。無充填式スクラバーは液相の中に排気ガスを通過させて、気体と液体を接触することで有害なガスを水に溶かすという方法です。効率的に有害物質を除去するためには水とガスが接触する面積を大きくすることが大切で、高圧のガスを吹き付けてミストを作ったり、散気管を用いて微小サイズの泡を作る方法などがあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です