水中接触式スクラバーを導入しよう

スクラバーにも様々な種類のものがありますが、排ガスと水を激しくぶつける水中接触式であり、効率よく集塵と脱臭を行う機械がデオブラスターと呼ばれるものです。デオブラスターを導入することには、多くのメリットが期待できるでしょう。水中接触式スクラバーデオブラスターを導入することのメリットとしては、内蔵のアクアブラスターで可溶性の物質を確実にキャッチできることが挙げられます。デオブラスターには特許取得がなされているアクアブラスターが内蔵されていて、このアクアブラスターによって排ガスと水を強制的に接触させることができます。

可溶性の物質を確実にとらえることができるものです。二つ目にはアクアブラスター内蔵で水の腐敗を防いで、汚泥の発生を抑制できることが挙げられます。アクアブラスターには水の腐敗を抑える効果も期待でき、これにより汚泥の発生を抑えるので、悪臭や虫がわくなどの影響を大きく防ぐことができます。その他にも湿式集塵機種としても使用することができたり、pH自動制御やヤク中機能などのオプションを付けることにより、中和脱臭も可能となります。

アンモニア系の排気ガスなどのような、中は脱臭が必要となる排気ガスに対しても対応できることは大きなメリットと言えるでしょう。実際に水中接触式スクラバーのでおブラスターを導入している事例としては、乾燥炉排ガスの処理が挙げられます。乾燥炉から排出される高濃度の強酸性の排ガスを処理することが可能です。また堆肥処理装置排ガスの処理に使用することにより、外部に排出できるレベルで無臭にすることも可能です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です