スクラバーとはどんな装置なのか

「スクラバー」とは、工場で発生する排ガスを処理し、放出できるようにする装置のことです。そのため「排ガス処理装置」と呼ばれたり、塔のような細長い形状をしていることから「洗浄塔」と呼ばれることもあります。なぜスクラバーのような装置が必要なのかというと、排ガスには有害物質や粉塵などが含まれており、そのまま外部の環境に放出すると近隣住民に迷惑がかかってしまうからです。こうした排ガスは、健康被害をもたらしたり、悪臭の原因になったりするので、その対策はとても重要になります。

それに外部環境だけでなく工場内部においても、排ガスの処理が十分でないと従業員に健康被害が出たり、職場環境の悪化で生産性が落ちてしまったりするという悪影響が出てしまいます。ですので、工場の外部と内部の両方の環境を悪くしないために、スクラバーは必要なものだと言えるでしょう。スクラバーの種類は、大きく分けると「湿式」と「乾式」の2つになります。「湿式」は、排ガスに水や薬液を噴射することで有害物質を取り除くという仕組みのものになります。

そして「乾式」は、吸着性の高いフィルターなどで処理をする仕組みになっているのが特徴です。これらの種類には、それぞれにメリットとデメリットがありますし、状況によってどちらが適しているかも変わってきます。また、実際にどんな工場でスクラバーが導入されるのかというと、鋳物・製薬・化学・ゴム製品加工といった工場があると言えるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です