洗浄装置のスクラバーについて

スクラバーとは、排ガス処理装置や洗浄塔システムとも呼ばれる装置で、酸熱分解や化学実験室、塗装工程、溶剤洗浄、酸洗浄、メッキ工程等の化学工場などで発生する有害ガスを吸着、水洗、薬液中和処理をしたあと空気中に放出する装置となっています。スクラバーには、湿式と乾式の2種類があります。湿式は製造、化学工場、化学分析、実験工程等の作業中に使用した酸やアルカリ薬品、有害ガスを排風機の気流によって集めたあと湿式スクラバーで取り除き、クリーンになった状態で空気中に放出する仕組みとなっています。乾式は水洗浄では除去が難しい有機溶剤や悪臭を、活性炭や吸着剤にて除去することができる機械です。

対象の有害物質によって吸着材を選定するため、確実に有害物質を除去することができます。現在スクラバーは導入する施設に合わせて、一度に多くの有害物質を処理することができる規模の大きなタイプから、省スペースに特化した小型化タイプまで、さまざまなサイズから選ぶことが可能です。会社によっては材質をステンレスやFRP、ポリプロピレンなどから選ぶことができ、テスト装置を用いて依頼者の環境で性能を確認することもできます。組立は、ユニット部分がすでに組立されたパーツを連結部のみの接続で簡単にでき、現場での組立時間を短縮することを可能にしたモデルもあります。

パーツのひとつであるノズルには、スパイラルノズルといった目詰まりが少ないノズルを採用したモデルもあり、高性能な機能が搭載されています。スクラバーのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です