工場に適したスクラバーを選ぶ

工場からの様々な悪臭や粉塵などの問題は、工場内で働く従業員だけでなく近隣に住んでいる住人にも、大変迷惑がかかってしまう環境問題です。このような悪臭などは、主に製品を製造するときに扱う薬液などによる影響が多く、その薬品を使用しないと製品が作れない為、対策をしない限り臭気を消すことは不可能です。しかし近年、環境問題などは大きな問題として取り上げられていて、訴訟問題などに発展してしまうと工場自体を閉鎖しなくてはいけなくなります。そういった訴訟問題にならない為に、環境のことを考えて開発された製品にスクラバーという製品があります。

このスクラバーは、排ガスや有毒なガスなどを吸着し、水洗浄したり薬液によって中和したりして処理をして、大気中に放出しても大丈夫な状態にするための画期的な装置です。大きく分けてスクラバーには湿式と乾式とがあり、その工場によって合った方法の型式を選ぶ事が好ましいと考えられます。特に化学工場などでは、様々な有害物質や臭気の物質が製造過程で発生してしまいます。人体に影響のあるものなども多く、中には強い臭気を伴うものもあるので、そういった排ガスにも対応できるスクラバーを選ぶ必要があります。

スクラバーを製造しているメーカーはいくつかあり、販売店も何店舗かあるので、自分の工場に適したものを販売しているところの、ホームページに記載されている事を詳しく確認して、検討した上で申し込むことが大切です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です