スクラバーの設置で安全な工場運営が実現する

スクラバーを工場内に設置することにより、安全な工場運営が実現していきます。化学製品を扱う工場では、製造工程において、様々な有害物質が生じていくものです。人体に有害な物質や、臭気を発生させる成分が含まれたまま、排ガスの排出を行うことは、近隣環境に悪影響を及ぼすだけではなく、作業員への健康被害を引き起こすことにも繋がります。排ガスから有害成分を除去する装置を介した排出を進めることで、環境被害を起こす可能性も無くなるのです。

スクラバーには、湿式と乾式の2種類のものが提供されています。湿式のスクラバーを設置する工場には、アルカリ性ガスなど、水で溶かすことで浄化できる成分を排出するところが多いものです。製造工程に於いて排出される量によっても違いますが、成分によっては、殆どの有害物質を除去して屋外に排出することが可能となっています。乾式スクラバーは、湿式では有害成分を取り除けない場合に活用します。

水洗浄では落とせない有機溶剤や悪臭を、活性炭を用いて除去していくのです。工場で生成される粉塵や有機溶剤が、そのまま大気に放出されてしまうと、環境基準に抵触するだけではなく、近隣住人に被害を及ぼすことにも繋がります。導入に際しては、スクラバーを専門に扱う設備メーカーに見積もりを依頼していくのが良いでしょう。自社の工場に適している設備が、どの程度のコストと予算で構築できるのかを、事前に把握していくことが出来るからです。

導入に際しては、自社が排出する有害成分が、どのようなものかを調査しておくことも大切です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です