スクラバー(排ガス処理装置)について

スクラバーって?と耳慣れない人も多いと思いますが、これは「排ガス処理装置」のことです。日本には色々な工場がたくさんありますが、これらが発生させる排ガスをそのまま大気に放出してしまうと大変なことになります。近隣の住民はもちろん、日本や地球環境的にも問題になります。大事なのは工場が十分な排ガス対策をしていることで、これがもし不十分であれば、大気の環境だけでなく、そこで働く従業員への影響も心配されます。

健康被害はもちろん、職場環境が悪化していることによる生産性の低下も起こってきます。これらの問題をすべて解決するためにスクラバーを導入し、排ガスの処理を適切に行う必要があります。工場によって状況は様々なので、そこで発生する排ガスの種類も違っています。その理解があった上で排ガス対策を考えることが重要です。

工場の製造ラインで発生する色々な排ガスに対して、最も有効なスクラバーを選択することが大切になります。つまり「スクラバー」は大気汚染を防止するために不可欠なものであり、工場においては環境対策の必需品です。排ガスを大気に放出できるようにするためには、有害ガスなどは水洗浄・吸着・薬液中和などで処理されるという仕組みです。万一、粉塵や有機溶剤が大気に放出されれば、近隣住民は健康被害を受けます。

臭気が漏れれば四六時中不快さを感じ、工場に苦情が寄せられるのは必至です。それぞれの工場に合ったスクラバーの使用が不可欠になります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です