ウェット(溜水)式スクラバーの仕組みとは

工場などから排出される汚染された空気を浄化するスクラバーは、除去したい物質に応じていくつかの種類があります。煤煙などに含まれる微粒子を除去する場合であれば、ウェット(溜水)式の集塵装置が使用されます。これは粉塵を微小サイズの水滴と衝突させて、水と一緒に捕集して取り除く仕組みです。この装置は湿式洗浄塔と同じように水を使用しますが、サイクロンと似た単純な構造でフィルターを使用しません。

ウェット(溜水)式スクラバーの構造ですが、微粒子を含む空気を高圧でスロート部の水に吹きかけることで水を巻き上げさせます。水とともに吹き上げられた粉塵を含む空気はスクラビング部で渦をつくり、気液混合状態の粒子が壁面に衝突して空気から分離されます。粉塵が取り除かれた空気はそのまま排出されますが、水に捕集された粒子はスロート部に戻されて、スロート部(容器)の底に沈んだ粉塵を回収するという仕組みです。溜水式のスクラバーはフィルターを使用しておらず、サイクロン式と似た単純な構造であるという特徴があります。

このため装置の信頼性が非常に高く、フィルターが目詰まりを起こす心配がありません。水に通すことから酸・アルカリ・悪臭ガスも回収することができ、処理で粉塵と有害ガスの両方をまとめて除去することができるという利点があります。可燃性の粉塵を回収する場合でも、水を使用するので粉じん爆発や火災の危険性がないというメリットもあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です