スクラバーとは特徴について

スクラバーは洗浄塔ともいって、有害ガスを始めとした排ガスを処理する装置で、吸着や水洗浄に薬液の中和など様々な機能に特徴があります。最終的な目的はガスの大気放出で、しっかりと処理された上で排出されますから、工業的に欠かすことができない装置だといえます。大気汚染を防止する為に作られていることからスクラバーの役割は大きく、工場などにおいてなくてはならない存在です。スクラバーで具体的に除去できるものとしては、ニオイの成分や微細な粉塵、特に酸性ガスが得意なものに挙げられます。

毒性や腐食性を持つガスを処理できますから、活躍するシーンは非常に幅広く、実験室を始め化学工場や製造加工メーカーにとって重要なのは間違いないです。スクラバーは大きく分けると湿式と乾式の2種類があり、前者の湿式は実験用途や化学分析に工場などの各種製造と、酸やアルカリ薬品などが発生する環境で活躍します。有害ガスを集めて洗浄装置で取り除き、清浄な状態にしてから大気中に放出するので、あるのとないのでは大違いです。一方、後者の乾式は水に溶けないガスに向いており、中でも低濃度の有機溶剤や悪臭に最適です。

活性炭などを使って徹底的に吸着しますから、こちらも湿式同様に活躍の機会が多く、なくてはならない上に使い分けが重要となってきます。手頃な価格帯のスクラバーも充実していますし、コンパクトサイズなら比較的安価に手に入るので、割と導入のハードルは低く気軽に活用し始められます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です