スクラバーによる排ガス処理の方法

工場ででる排気ガスは、様々な汚染ガスが含まれている場合があります。最近では、大気汚染が問題となり有毒な排気ガスは、他の化学物質と結び付け無我にしていますが、完全に除去できるわけではありません。限りなく無我にする必要があり、そこで注目されているのがスクラバーになるのです。従来のシステムでは、様々なデメリットがありましたが、スクラバーを使用することで、電気代の低減や清掃コストなどの汚染処理費を解決することに成功しています。

大量には排気ガスを出す工場は、少しのコストを節約しているように感じていいても、年間で計算すれば大きな利益につながり、地球にも優しいのは言うまでもありません。スクラバーの洗浄方法は、吸着を始めとし、水洗浄や薬液中和などで処理を行います。洗浄方法には、湿式と乾式の2種類のやり方があります。工場の粉塵や有機溶剤が大気に放出されてしまうと、近隣住民の健康被害を引き起こす可能性は十分あり、ガスの種類によって適切なスクラバーの設置が必要になってくるのです。

水膜形式は水を使用した処理方法なので、目に見えない匂いの除去に適しています。その他にも、腐敗を防止しスラッジの生成を抑えることで、循環水の長期利用が可能になっています。カートリッジ式の物を組み合わせることにより、メンテナンスの対するコストを大幅に削減することもできるのです。これかの研究が進んでいけば、工場だけのクリーン活動だけでなく、家庭で使用できる物の開発が期待されています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です