大気を守るスクラバーの効果

スクラバーは洗浄塔システムで大気汚染防止装置の一つです。工業などの排出元からの粒子やガスを除去する目的として活躍しています。この洗浄塔システムには、湿式と乾式の2種類があります。湿式は水に溶け込ませる事で、排気ガスを除外する物理吸収法と化学の中和反応によって、排気ガスを除去する化学吸収法がり、用途によって使い分けられているのです。

また、乾式スクラバーは、排気ガスを活性炭などの吸着剤フィルターに通す事で、吸着剤に汚染物質を吸着させて排ガスを処理します。次に実際にどんな工場の排ガスを処理できるのか、またどんな被害が想定されるのか説明します。例えば、鋳造工場のラインでは、粉塵が混じった排ガスやレジンが含まれるアンモニアなどの強い臭気物質が発生し問題になっているのです。洗浄塔システムはこれらの粉塵や臭気物質を除去する効果があります。

そのほかにも、製薬工場で漢方薬などの強い臭気を排除する際や化学工場の有害物質、臭気物質などの排ガスを除去する目的でも活用されています。また環境規制やSDGSへの関心が高まるなか、世界では海洋汚染に対してスクラバーの需要が高まってるのです。MEPC会議では、海洋汚染を抑制する将来の戦略を概説し、2050年までに海洋排出量を50%削減するという目標を宣言しました。また同時に、GlobalMarketInsightsの報告によると海洋洗浄機の世界市場シェアは2024年には80億ドルを超えると予測もされています。

日本の工業を発展させていくためにも今後、環境対策でのさらなる活躍に期待したいです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です