スクラバーがもたらす影響

スクラバーとは、工場で排出される有害なガスや塵などを水や薬品や網などで取り除き、良い空気を大気中に排出させる装置のことです。スクラバーは工場の中や外に塔のように立っていることから「洗浄塔システム」、または、「排ガス洗浄装置」とも呼ばれています。工場の粉塵や有害なガスがそのまま排出されてしまうと、工場のある地域の空気が悪くなったり、工場内の空気も悪くなったりします。それにより、住民や工場の従業員に健康被害が及んだり、ガスの臭いが充満し、苦情の元になってしまいます。

そのために、スクラバーが必要になってきます。主に、鋳造工場やゴム製品工場などの製造過程中に有害ガスが発生する恐れのある所や、化学工場や薬品工場などの製品自体が有害になりうる恐れがある場所に設置するのが適しています。スクラバーには湿式と乾式の2種類があり、湿式とは有害なガスを排風機で集め、水に溶け込ませたり、薬品を使用し、ガスを中和させたりする装置です。なので、水に溶けやすいガスの浄化に効果的で、高濃度のアルカリ性ガス、酸性ガスの浄化に対応しています。

一方で、乾式とは水に溶けない有機溶剤や悪臭を活性炭などのフィルターで有害な物質を取り除く装置です。湿式と違い、目視できる煙を排出しません。また、湿式のような洗浄に使う水や薬品などを使わず、フィルターを使うので、体積を大きくする必要のある湿式よりもコンパクトな装置を作ることができます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です