スクラバーの仕組みを知りたい

工場から排出されるガス、これはそのまま大気に放出すれば環境破壊に繋がるものですし、臭いが屋外に放出されると工場近くに住む人々に不快な思いをさせてしまうなど良いことはありません。また、ガスに有毒な物質が含まれていれば健康被害を与えてしまうなど、臭気物質や微細な粉塵などこれらを大気に放出させることなく処理ができるのがスクラバーの最大の特徴といえましょう。スクラバーを開発するメーカーは多くあり、それぞれに特徴があるけれども排ガス処理システムは各メーカー独自の技術で作り出されたものです。電気代が多く必要になることもある、清掃のためのコストが多くかかる、汚泥処理にもお金がかかってしまうのでは経費のことが気になる、このように考える人も多いといえましょう。

基本的に、スクラバーは環境に優しい工場内設備の一つであり年間のランニングコストのことも考慮して選ぶ必要があるわけです。なお、スクラバーには湿式と乾式の2タイプにわけることができるのですが、工場でどのような環境保全を行うのかに応じて選択する方式は変わります。乾式の場合は、水に溶けない低濃度の有機溶剤や事前に活性炭などの吸着剤を利用して悪臭を取り除いたものを大気に放出するタイプです。湿式は化学工場や製造工場など作業工程で利用する酸・アルカリ薬品など、これらが原因で発生する有害なガスを排風機を使い集め、洗浄装置を使って有害物質を除去するなどの仕組みを持ちます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です